ポイントサイトWatch!

ネットで稼ぐ方法を紹介します~たまに写真も~

MENU

【2020年】SONYのα7シリーズで買うべき高倍率ズームレンズ

f:id:KeiyuSite:20200614005810p:plain

タムロンから「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Model A071)」が発表されました!これまでαEマウントの高倍率ズームはSONYの「FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS (SEL24240)」しかありませんでしたが、これでやっと選択肢が増えました。早速比較していきます。

 

高倍率ズームレンズの魅力

広角レンズ・標準レンズ・望遠レンズとレンズの交換をする手間を減らせます。交換が減ることはシャッターチャンスを逃さないことや、レンズ交換時に起きるゴミ付着のリスクも軽減されます。ズーム倍率が高いことは、良い写真を撮るための立派なスペックと言えます

 

αEマウントの高倍率ズームレンズ性能比較

主要機能の対比表です。【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
FE 24-240mm F3.5-6.3
SEL24240
TAMRON
28-200mm F/2.8-5.6 
Di III RXD(A071)
発売日 2015/3/13 2020/6/25
焦点距離
24~240mm(10倍)

28~200mm(7.14倍)
F値
F3.5~6.3

F2.8~5.6
手振れ補正
有り

無し
絞り羽
7枚

7枚
フィルター系
72mm

67mm
最短撮影距離 ×
0.5m(W) / 0.8m(T)

0.19m(W) / 0.8m(T)
サイズ
80.5 × 118.5mm

74.0 × 116.0mm
重量
780g

575g
値段
画質

 

高倍率ズームレンズの比較ポイント

焦点距離はどこまで必要か?

高倍率ズームレンズの最も重要となるポイントです。風景を撮る場合24mmまで必要となり、運動会や野生動物を撮る場合は240mmまでが必要となる機会があります。望遠域はトリミングやAPS-Cモードでも対処可能なので、広角側が24mmまで必要か十分検討しましょう

「TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(A071)」を選択する場合は、広角が必要となる日だけ「TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III(A046)」と2本持ちの運用をすると、かなりのシーンに対応できるようになります。

F値は明るい方がいいか?

高倍率ズームは通常のズームレンズより大型になるので、サイズを抑えるため小口径となり暗くなります。「TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(A071)」はズーム倍率を抑えた分、明るく設計されています(なんと焦点距離100mmでF4.5とかなり明るいです)。

屋内や夜景撮影をする場合は明るいレンズを選択しましょう。ボケ量も大きくなりますが望遠域はそこまで明るくないので、ボケ量が必要な場合は高倍率ズームレンズより標準大三元レンズ(F2.8ズームレンズ)や望遠小三元レンズ(F4.0ズームレンズ)を選択した方が無難です。

手振れ補正が必要か?

暗いレンズで望遠域まであるため手振れ補正は有効ですが、カメラ本体の手振れ補正が強力なのであまり重要視する必要はありません。手振れ補正未搭載のカメラ(α7、α7S、α7SII)を使用する場合は重要な検討項目になります。

近接撮影が必要か?

最近はズームレンズのクォーターマクロ(最大撮影倍率0.25倍)も人気が出てきています。便利ズームとしては色々なシーンに対応できることが大切なので、寄れることも重要な比較ポイントです。近接撮影をする場合は「TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD(A071)」を選択しましょう。

 

今買うべき高倍率ズームレンズ

使用目的によって変わりますが、バランスを考慮してオススメする順位を決めました!

おすすめレンズ1位

TAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD [Model A071]

  • おすすめポイント:明るさ、軽量、コスパ抜群
  • 弱点:広角が28mmまでしかない
  • おすすめ使用シーン:旅行、スナップ、夜景、登山、広角マクロ 

 

おすすめレンズ2位

SONY FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS [SEL24240]

  • おすすめポイント:焦点距離の広さ
  • 弱み:重さ、最短撮影距離
  • おすすめ使用シーン:旅行、運動会、風景

   

\標準ズームレンズはこちらで紹介しています!/

Panasonic「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」とSONY「28-70mm F3.5-5.6 OSS」のスペック比較

f:id:KeiyuSite:20200609232443p:plain
パナソニックから「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」が海外で発表されました。これは最強の旅レンズになるかもしれません!

SONYのα7シリーズのキットレンズとして販売されればかなり魅力的なスペックかと思い、SONYのキットレンズ「28-70mm F3.5-5.6 OSS」とスペック比較してみます。 

 

標準ズームレンズスペック比較 SONY vs Panasonic

主要機能の対比表です。【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
28-70mm F3.5-5.6 OSS
SEL2870
Panasonic
LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6
S-R2060
マウント α Eマウント Lマウント
発売日 2014/2/7 2020/7/下旬
焦点距離
28~70mm

20~60mm
F値 ×
F3.5~5.6
×
F3.5~5.6
手振れ補正
有り

無し
絞り羽
7枚

9枚
最大撮影倍率
0.19倍

0.43倍
フィルター系
55mm

67mm
サイズ
72.5 × 83mm

77.4 × 87.2mm
重量
295g

350g
値段
画質

 

スペック比較ポイント

焦点距離 [Panasonic勝利]

標準ズームレンズの広角側は35mm→28mm→24mmと徐々に広角が人気になってきましたが、ついに20mmとなりました!軽量な標準ズームレンズは旅行で活躍しますので広角が強いことがPanasonic「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」最大の魅力です。YouTuberなど室内動画にも活躍します。

F値 [引き分け]

いずれもF3.5~5.6と暗いレンズですが、風景や副題を入れた撮影をする機会が多い旅行であれば絞るシーンが多いので問題ありません。夜景や室内撮影する場合は大三元レンズ(F2.8ズームレンズ)を選択しましょう!

手振れ補正 [SONY勝利]

暗いレンズのため手振れ補正は有効ですが、カメラ本体の手振れ補正が強力なのであまり重要ではありません。手振れ補正未搭載のカメラを使用する場合は重要な検討項目になります。

最大撮影倍率 [Panasonic勝利]

SONY「28-70mm F3.5-5.6 OSS」も30cmまで寄れるのでそこまで不便に感じることはありません。Panasonic「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」は15cmまで寄れるので、室内や広角マクロ撮影で活躍します。

 

最後に

なぜこのスペックをSONYが出さなかった?と感じるくらいPanasonic「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」は軽量で魅力的な標準ズームレンズです。Panasonicのカメラ本体は重いので、現行ではSIGMAのfpに付ければSONYより軽くなります。

  • SONY α7III(565g) + 28-70mm F3.5-5.6 OSS(295g) = 860g
  • SIGMA fp(370g) + LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6(350g) = 720g

LマウントはLeica・SIGMA・Panasonicの3社協業というだけあって、個性のある商品が出てきて今後も楽しみですね!

  

他のSONY標準ズームレンズはこちら で紹介しています!

【2020年】SONYのα7シリーズで買うべき標準単焦点レンズ

SONYのα7シリーズで2020年の今買うべき標準単焦点レンズを紹介します!

 

αEマウント標準単焦点レンズ性能比較 

主要機能の対比表です。いずれも一長一短ありますが、αEマウントはレンズが充実しているので、選択の幅が広いのが良いところです。

 【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
SEL55F18Z
SONY
SEL35F14Z
SONY
SEL50F18F
SONY
SEL50F14Z
SONY
SEL35F18F
発売日 2013/12/20 2015/6/26 2016/4/28 2016/7/29 2019/8/30
焦点
距離

55mm

35mm

50mm

50mm

35mm
F値
F1.8

F1.4

F1.8

F1.4

F1.8
手振れ補正
無し

無し

無し

無し

無し
防塵
防滴

防塵・防滴

防塵・防滴

無し

防塵・防滴

防塵・防滴
最大撮影倍率 ×
0.14倍

0.18倍
×
0.14倍
×
0.15倍

0.24倍
重量
281g
×
630g

186g
×
778g

280g
値段 × ×
画質
AF速度 ×

 

標準単焦点レンズの検討ポイント

準標準(35mm)か、標準(50mm)か?

人の視野に近いことから50mm前後が標準画角と言われますが、ファインダーを使用せずにモニターを見て撮影することが多い方は、少し広角の35mmの方が合うかもしれません。また、副題を入れた写真を撮りたい場合は準標準(35mm)の方が良く、主題をはっきりさせた写真を撮りたい場合は標準(50mm)を選びましょう。

F1.4か、F1.8か?

F1.4の方が背景のボケを大きくしたりシャッタースピードを速めることが出来ます。しかし、値段と重量が一気に上がるのでF1.8でもOKです。自分のよく使う画角であれば思い切ってF1.4を買うのもアリです。

軽さが重要か?

気軽に持ち歩くには軽い方がいいですが、男性や車で持ち運ぶ場合は多少重くてもOKです。

サードパーティ製(SONY以外)のレンズにするか?

サードパーティからも良いレンズがたくさん出ていますが、初心者にはクセが強いので今回はオススメから省きます。(また別の機会に紹介します)

  • SAMYANG:低価格が魅力だが、よく使う標準画角では純正の方が満足度が高い
  • シグマ:コスパが魅力だが、ミラーレス設計ではないため重量が重い
  • TAMRON:ハーフマクロが魅力だが、F2.8でボケが少ない
  • コシナ:画質が魅力だが、MF専用でclassicモデルなどクセが強い

 

今買うべき標準単焦点レンズ

キットレンズから買い替え1本目の標準単焦点レンズとしてオススメする順位を決めました!

おすすめレンズ1位

 SONY FE 35mm F1.8 [SEL35F18F]

  • おすすめポイント:接写、オールマイティ
  • 弱点:少し値段が高い
  • おすすめ使用シーン:スナップ、散歩、子供、テーブルフォト

 

おすすめレンズ2位

 SONY FE 50mm F1.8 [SEL50F18F]

  • おすすめポイント:コスパ抜群、軽量
  • 弱み:AF速度が遅い
  • おすすめ使用シーン:スナップ、散歩

 

おすすめレンズ3位

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA [SEL55F18Z]

  • おすすめポイント:画質
  • 弱み:近接撮影ができない
  • おすすめ使用シーン:ポートレート、ペット、写真作品撮り

 

 標準ズームレンズはこちら で紹介しています!

【2020年】SONYのα7シリーズで買うべきマクロレンズ

SONYのα7シリーズで2020年の今買うべきマクロレンズを紹介します!

 

αEマウントマクロレンズ性能比較 

主要機能の対比表です。いずれも一長一短ありますが、αEマウントはレンズが充実しているので、選択の幅が広いのが良いところです。

 【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
FE 90mm F2.8
SEL90M28G
SONY
FE 50mm F2.8
SEL50M28 
シグマ
70mm F2.8 DG MACRO
発売日 2015/6/26 2016/9/24 2018/7/6
焦点距離
90mm

50mm

70mm
F値
F2.8

F2.8

F2.8
手振れ補正
有り

無し

無し
防塵防滴
防塵・防滴

防塵・防滴

防滴・防滴
最大撮影倍率
1倍

1倍

1倍
重量 ×
602g

236g
×
570g
値段 ×
画質
AF速度 ×

 

マクロレンズの検討ポイント

標準マクロ(50mm前後)か?中望遠マクロ(90mm前後)か?

テーブルフォトなら標準マクロの方が使いやすく、動物や昆虫を撮るなら離れても撮れる中望遠マクロが使いやすいです。ネイチャーフォトに広角レンズ(16~35mm)と標準マクロ(50mm)の組み合わせも相性が良いです。

AF速度が重要か?

SEL50M28は全群繰り出し式のためAF速度が遅く、AF速度を重視する場合は避けた方がいいです。静止被写体が主であったり、MFを使う場合は気にしなくてOKです。

軽さが重要か?

気軽に持ち歩くには軽い方がいいですが、男性や車で持ち運ぶ場合は多少重くてもOKです。

 

今買うべきマクロレンズ

使用目的によって変わりますが、1本目のマクロレンズとしてオススメする順位を決めました!

おすすめレンズ1位

 シグマ 70mm F2.8 DG MACRO Art

  • おすすめポイント:画質、ピントのキレ、コスパ抜群
  • 弱点:重量
  • おすすめ使用シーン:植物、動物、昆虫、小物、写真作品撮り

 

おすすめレンズ2位

SONY FE 50mm F2.8 Macro [SEL50M28]

  • おすすめポイント:軽量、コスパ抜群
  • 弱み:AFが遅い
  • おすすめ使用シーン:テーブルフォト、小物、植物

 

おすすめレンズ3位

 SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS [SEL90M28G]

  • おすすめポイント:画質
  • 弱み:重量、値段
  • おすすめ使用シーン:植物、動物、昆虫、小物、写真作品撮り

  

 広角ズームレンズはこちらで紹介しています!

 

【2020年】SONYのα7シリーズで買うべき標準ズームレンズ

SONYのα7シリーズで2020年の今買うべき標準ズームレンズを紹介します!

 

αEマウント標準ズームレンズ性能比較 

主要機能の対比表です。いずれも一長一短ありますが、αEマウントはレンズが充実しているので、選択の幅が広いのが良いところです。

 【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
G Master
SEL2470GM
SONY
G Series
SEL24105G
TAMRON
28-75mm
F/2.8 Di III
シグマ
24-70mm F2.8 DG DN
発売日 2016/4/28 2017/11/25 2018/5/24 2019/12/20
焦点距離
24~70mm

24~105mm
×
28~75mm

24~70mm
F値
F2.8
×
F4.0

F2.8

F2.8
手振れ補正
無し

有り

無し

無し
防塵防滴
防塵・防滴

防塵・防滴

防滴

防塵・防滴
最短撮影距離
0.38m

0.38m

0.19m

0.18m
重量 ×
886g

663g

550g
×
830g
値段 ×
画質

 

標準ズームレンズの検討ポイント

24mmまで必要か?

景色が綺麗な場所へ行く場合は24mmまで欲しくなりますが、街並みや人物主体の撮影なら28mmでもOKです。必要な場合は広角レンズも持ち歩きましょう!

F2.8まで必要か?

物撮りや暗い場所で撮る時にF2.8まで欲しくなりますが、日中に家族など人物主体ならそこまでボケ量も必要ないのでF4.0でもOKです。必要な場合は単焦点レンズも持ち歩きましょう!

軽さが重要か?

気軽に持ち歩くには軽い方がいいですが、男性や車で持ち運ぶ場合は多少重くてもOKです。

 

今買うべき標準ズームレンズ

使用目的によって変わりますが、キットレンズから買い替え1本目の標準ズームレンズとしてオススメする順位を決めました!

おすすめレンズ1位

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD [Model A036]

  • おすすめポイント:F2.8、軽量、コスパ抜群
  • 弱点:広角が28mmまでしかない
  • おすすめ使用シーン:旅行(日帰り)、スナップ、ポートレート

 

おすすめレンズ2位

 シグマ 24-70mm F2.8 DG DN

  • おすすめポイント:F2.8、画質、コスパ抜群
  • 弱み:重量
  • おすすめ使用シーン:ポートレート、風景、写真作品撮り

 

おすすめレンズ3位

SONY FE 24-105mm F4 G OSS [SEL24105G]

  • おすすめポイント:旅行に最適(景色から動物まで)
  • 弱み:F4.0のためボケ量が少ない
  • おすすめ使用シーン:旅行(日帰り/長期)、風景

 

 広角ズームレンズはこちらで紹介しています!

【2020年】SONYのα7シリーズで買うべき広角レンズ

SONYのα7シリーズで2020年の今買うべき広角ズームレンズを紹介します!

 

αEマウント広角レンズ性能比較 

主要機能の対比表です。いずれも一長一短ありますが、αEマウントはレンズが充実しているので、選択の幅が広いのが良いところです。

 【◎強み / 並 / ×弱み】

  SONY
Vario-Tessar
SEL1635Z
SONY
G Master
SEL1635GM
TAMRON
17-28mm
F/2.8 Di III
発売日 2014/11/7 2017/7/28 2019/7/25
焦点距離
16~35mm

16~35mm
×
17~28mm
F値
F4.0

F2.8

F2.8
手振れ補正
有り

無し

無し
防塵防滴
防塵・防滴

防塵・防滴

防滴
最短撮影距離
0.28m

0.28m

0.19m
重量
518g
×
680g

420g
値段 ×
画質

 

広角レンズの検討ポイント

焦点距離は35mmまで必要か?

風景主体の撮影なら28mmまででOKです。特に登山など荷物を極力減らしたい場合は軽量となる28mmまでのレンズを選択しましょう。標準ズームレンズ(28-75mmなど)も合わせて持ち歩く場合も35mmまで不要になります。

旅行中にスナップ撮影をする場合は35mmまであると便利です。家族や友人と旅行する場合はレンズ交換の手間が旅行の妨げになり得るので35mmまであるとレンズ1本で対応できます。

F2.8まで必要か?

風景主体の撮影ならF2.8まで不要です。日中の景色主体ならボケ量を減らすため絞って撮影することが多くなるのでF4.0でもOKです。必要な焦点距離だけ明るい単焦点レンズで補うことも可能です。

手持ち夜景や星景、屋内で撮る場合はF2.8まであると便利です。F2.8とF4.0の差(絞り1段分)はシャッタースピードで2倍の差になります。星景でF4.0だと30秒露光が必要となるシーンではF2.8で15秒になり、星の日周運動の流れを軽減できます。屋内の撮影ではシャッタースピードを上げることで手振れが軽減できます。

軽さが重要か?

旅行や登山などカメラを持ち歩く時間が長い場合はできるだけ軽量なレンズを選択しましょう。男性や車で持ち運ぶ場合は多少重くてもOKです。重くてカメラを持ち歩くことが億劫にならないようにしましょう。

 

今買うべき広角レンズ

使用目的によって変わりますが、1本目の広角レンズとしてオススメする順位を決めました!

おすすめレンズ1位

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD [Model A046]

  • おすすめポイント:F2.8、軽量、コスパ抜群
  • 弱点:焦点距離の狭さ
  • おすすめ使用シーン:風景、星景、夜景、登山、広角マクロ

 

おすすめレンズ2位

SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS [SEL1635Z]

  • おすすめポイント:旅行に最適(景色からスナップまで)
  • 弱み:F4.0にしては少し重い
  • おすすめ使用シーン:旅行、風景

 

おすすめレンズ3位

 SONY FE 16-35mm F2.8 GM [SEL1635GM]

  • おすすめポイント:画質、F2.8
  • 弱み:重量、値段
  • おすすめ使用シーン:風景、星景、夜景、写真作品撮り

  

標準ズームレンズはこちらで紹介しています!

はてなブログ初心者が「はてなブログPRO」にしてみた感想

初ブログで1ヶ月も経たないうちに「はてなブログPRO」にしました。PRO移行に悩まれている方の参考になればと思います。

はてなブログPRO移行にかかった費用

  • はてなPRO代:8,434円 / 年
  • ドメイン代:760円 / 年

 1ヶ月で767円と思えば安いでしょうか?

 現在のブログ収入

  • 0円 / 年

 他のブロガーさんにも負けない赤字と思います! 

 現在のアクセス数

  • 11.6PV / 日

    f:id:KeiyuSite:20200519114746p:plain

自分でアクセスした件数も含まれているので実際もっと少ないです。ちなみにPRO移行への目安は150~200PV / 日と言われています。

はてなPROの良いところ

  • ◎:広告が消せる
  • ◎:独自ドメイン
  • 〇:ヘッダなどカスタマイズができる
  • △:写真容量300MB → 3GB
  •  ×:過去記事の履歴保存5件 → 50件
  •  ×:ブログ開設数3個 → 10個
  •  ×:ひとつのブログを複数人で管理できる
  • 〇:自己紹介やリンク集など独立したページを作成できる
  • ◎:モバイル環境で速やかに表示され、ブログ閲覧が快適に

メリットに感じたのは閲覧が快適になることと、独自ドメインが持てることです。

独自ドメインでサイトのアドレスが変わるので、変更作業を考えると少しでも早くやる方がいいと思い、赤字覚悟でPRO移行しました。

PROにして儲かった!という話ではなくてすみませんが、趣味に1ヶ月767円なら安いと思いますので勢いでやってしまいましょう!

稼げる方法はこちらで紹介していますので、読んでもらえると嬉しいです!

【2020年】失敗しない初心者が買うべきミラーレス一眼2選!

スマホで写真を撮っているともっと綺麗に撮りたい!と思ったものの、種類が多すぎてどのカメラを買えばいいかわからない人が多いと思います。

よくある失敗はカメラに詳しい人に聞いて、「何を撮る?」「1kg超えても大丈夫?」「予算どれくらい?」と質問攻めにあってしまうことです。

実際は旅行にも使うし、家族も撮るし、散歩にも使いたい、そして安くて軽くて簡単で綺麗に撮れるカメラがいい!というのが要望でしょう。

 

そんなわがままを叶えるべく、2選まで厳選しました!

 

初心者向けカメラを選んだ基準

ミラーレス一眼であること

一眼レフより軽くて扱いやすいです。数年前までは動いているものを撮るのが苦手と言われていましたが、今は顔認識や距離を測るセンサーの技術が向上して、初心者にはミラーレスの方が使いやすいです。

発売から半年~1年経っていること

カメラの販売周期は1~2年くらいです。1モデルで劇的に進化することは少なく、発売後半年あたりから値段が下がるのでコスパ抜群です。

対応レンズが豊富であること

撮りたいものが定まってきたらレンズを交換してカメラを使い続けることができます。

ユーザーが多いこと

使いたい機能をネットで調ることができます。また、自分と同じカメラでこんな綺麗な写真が撮れるのか!と知ることもできます。

 

初心者が買うべきミラーレス一眼①

予算を抑えたい場合はオリンパスの「PEN E-PL9 EZダブルズーム」 です!

  • 小型サイズでスマホより綺麗に撮れます
  • 後継機のE-PL10が発売されたことで安く買うことができます
  • レンズが2つ付いていて、望遠レンズは動物園や運動会でも活躍します

 

初心者が買うべきミラーレス一眼②

予算が出せる場合は、SONYの「α7Ⅲ ILCE-7M3K」です!

  • 中型サイズで非常に綺麗に撮れます
  • 発売から2年経ちますが驚くほど売れ続けているカメラです
  • 風景から人物まで何でも撮れる標準ズームレンズが付いています

 

最後に

カメラってキヤノンやニコンじゃないの?と思うかもしれませんが、カメラメーカーは自社のレンズしか使用できないので選択肢が少なくなります。(MFレンズやマウントアダプターを使う方法はありますが、初心者の方にはおすすめしません)

オリンパスはPanasonicやシグマのレンズも使用でき、SONYはタムロンやカールツァイスのレンズも使用できる事からこちらの2つを選びました。

それでは楽しいカメラライフを送って下さい!